性転のへきれき・新作「ユキの場合」試読連載中

性転のへきれきは性転換を題材にした、桜沢ゆうの長・中編小説です。ごく普通の男性が運命のいたずらによって女性化、性転換されてしまいます。性転換をまじめに考える人にとって必見の小説です。

2014年4月新作 ユキの場合

たいへん長らくお待たせいたしました。新作「ユキの場合」の試読連載を開始しました。週一回のペースで毎週金曜日の夜までにアップデートしたいと思います。(日曜日の夜にアップデートしていましたが、週末に読んでいただけるように金曜日の夜に変更しました。)

ユキの場合


えりの場合 (あなただけが好きだった)試読 えりの場合   性転のへきれき えりの場合をDL-Marketで購入する

エリート証券マンの渋沢には小説家という副業があった。ある日読 者から受け取ったメールをきっかけに、渋沢は出世コースを外れて、とんでもない人生を歩み始める。大波乱の末に見つけた本当の幸 せとは・・・・

(同人評) 若くして副部長になったエリート証券マンがOLにされてしまうという、普通では有り得ない 展開だが、桜沢の手にかかると本当の話に見えてくるから不思議だ。結婚式のフィナーレが素晴らしい、大作。

洋子の場合 (香港の娼婦)試読 洋子の場合 性転のへきれき 洋子の場合をDL-Marketで購入する

東京に住む大学生の僕は香港旅行中にマフィアのワナにはまって、 売春クラブで働かされることになってしまった。

(同人評) 香 港、日本、中近東、中央アジアを舞台とする激動の2年余りを描いた性転換大作。主人公が一体どうなるのか最後までがハラハラ させられるが、性を超越した「幸福さがし」の旅はついに究極の答えに到達する。

由香の場合 (夫婦スイッチ)試読 由香の場合 性転のへきれき 由香の場合をDL-Marketで購入する

由香は背が高く格好いい女性で、男性にもてるだけでなく女性の ファンも多かった。そんな由香が僕にプロポーズしてくれた。でも、結婚生活はそう甘くなかった。

(同人評) 夫婦がスイッチするという設定が面白い。レーザー脱毛や女性ホルモンの事が詳細に扱われて いる。前作の「かおりの場合」とは打って変わってアダルト小説的だが、桜沢ならではの軽いタッチで読者を飽きさせない。

かおりの場合 (ラブストーリー)試読 かおりの場合 性転のへきれき かおりの場合をDL-Marketで購入する

プログラマーの私の転職先は女性だけのソフトウェア会社だった。
私は少しずつ、でも着実に女性化の道を歩んで行った。

(同人評) 全編を流れる律子との恋のテーマが感動的なファンタジー大作。性転換のガイドブックと呼べ るほど詳細に記述されているが、純文学のカテゴリーに入れてもおかしくない。 桜沢らしい軽いタッチで最後まで飽きさせな い。

ひろみの場合 (突然の性転換) 試読 ひろみの場合

ガールフレンドに 紹介された病院で痔の手術を受けた 大学生の山下ひろみ君。病院のベッドで目が覚めると、 胸のあたりの感じが、なんとなくいつもと違う。他の 患者と 取り違えられて、性転換手術をされてしまったのだ!

(同人評) 精緻に研究し尽くされたタッチで書かれており何度読んでも飽きない。性転換というきわどい 題材を正面から捉えた、真面目な問題作である。 ドタバタ劇や倒錯モノを求める読者にとっては期待外れかも知れない。

 

 

About 桜沢ゆう