新作「異性への逃避行」が出版されました | 性転のへきれき

新作「異性への逃避行」が出版されました

桜沢ゆうの性転のへきれきTS文庫の新作「異性への逃避行」が出版されました。千葉大学一年生の枕崎那央が主人公の長編TSサスペンス小説です。

物語のホームとなる舞台はラムサール条約で登録された野鳥の楽園の谷津干潟で、アウェイの舞台は深田恭子の下妻物語で有名な田舎町、下妻です。

千葉大学一年生の枕崎那央は高三の秋に津軽に住む祖母を、大学に入る直前に両親を亡くして一人住まいしています。趣味は谷津干潟周回道路をジョッギングで二周し、谷津干潟南東角近くのベンチに座ってリンゴを剥いて食べながら渡り鳥を観察することです。

谷津干潟に白鷺が飛来した十一月の寒い日、大学から帰宅した那央はジョッギングに出かけます。自然観察センターの裏の周回道路を走っている時にトイレに行きたくなり、道路の横の林に足を踏み入れて立ちションします。それをジョッギング中の三人のオバサンに目撃されて「いやぁねえ」という蔑みの視線を投げかけられます。

ところが、たまたま数分前にまさにその林の中で強姦殺人事件が起きていました。那央が周回道路を一周し終えて、二周目で同じ場所に差し掛かるとその現場には警官がウヨウヨしていました。三人のオバサンが那央を指さして「あの男です」と叫び那央は立ちションを通報されたのだと思って全速力で逃げ出します。しかし、間もなく那央は警官に捕まり、任意同行を求められて警察に連れて行かれます。

運悪く、あらゆる証拠が、強姦殺人事件の犯人は那央であると示していました。このままでは強姦殺人犯に仕立て上げられるのは確実です。那央は隙を見て警察から逃げ出し、長く苦しい逃避行が始まるのでした。

この小説はシリアスなロマンス・ホラー・サスペンス小説で、十万文字超の長編TSエンターテインメント小説です。



立ち読みページはこちらをクリック!


カテゴリー: 冤罪, 監禁・呪縛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



プロフィール
Contact Form
お問い合わせはこちらから
カテゴリー別
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  にほんブログ村 小説ブログへ  人気日記BLOG  

本ウェブサイトはMixHostのサーバーに引っ越してSSL化を完了し、保護された https:// サイトになりました。詳細はこちらをご覧ください。