新作「禁断の閉鎖病棟」を出版(日英TS文庫)

桜沢ゆう性転のへきれきシリーズの姉妹文庫、日英TS文庫の四冊目となる小説「禁断の閉鎖病棟」を出版しました。これはTSホラー小説です。

これは2016年5月に出版されたYu Sakurazawaの英語小説「Forbidden Asylum」の日本語訳です。Forbidden Asylumは海外TS小説のサイトでも取り上げられたことがあるTSホラー小説です。

閉鎖病棟とは自由に出入りできない病棟のことであり、精神病院の入院病棟を頭に浮かべていただくのがよろしいでしょう。ふとしたきっかけで僻地の閉鎖病棟という奇妙な世界に迷い込んでしまった主人公の男性の、1年間にわたる身の毛がよだつ体験が描かれています。

主人公は25才の男性で2才上の愛妻が居ます。何不自由なく幸せに暮らしていたのですが、ある日、一人で郊外にドライブした時に高速道路から分岐した田舎道で自動車が動かなくなってしまいます。奥さんに電話して迎えに来てもらおうとするのですが、スマホの電池が切れていたので、どこかで電話を借りようと歩き始めます。しかし、そこは人っ子一人いない荒涼とした地域で、歩いていると大きな菩提樹の陰にある病院に行き当たり、「電話を貸してください」と入っていきます。

ところが、そこは世にも奇妙な病院でした。病院にたった一つしかない電話から奥さんに電話をすることには成功するのですが、それから後は物事が思い通りに進まなくなるのです……。

原題:Forbidden Asylum
原書の副題:Feminized in Insanity
原作者:Yu Sakurazawa

日英TS文庫の前回の作品「過去からの呪文」と同じく(それ以上に)原作に忠実に日本語版を書きました。普段、怖い目にあいたいと思っている読者にとっては、恰好のホラー小説です。

【追記】「禁断の閉鎖病棟」の2020年4月改訂版には英語版の全文が付録として収載されています。


  • 購入はこちらから
  • 立ち読みコーナーで試読したい方はこちらをクリック

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です