新作「舞台女優の秘密」が出版されました | 性転のへきれき

新作「舞台女優の秘密」が出版されました

桜沢ゆうの新作「舞台女優の秘密」が日英TS文庫の11番目の小説として出版されました。

原作は約1週間前に出版された英語小説”As You Like It”で「舞台女優の秘密」はその日本語版です。

主人公は町の小さな劇団に所属して舞台俳優を目指す17歳の高校生マックスです。マックスは同じ高校に1年前に転校してきたアイリスと付き合っています。

マックスが所属する劇団はシェイクスピア劇が専門です。その町はストラットフォード・アポン・エイヴォン。そう、シェイクスピアの生まれ故郷として有名な町です。

マックスはまだまともな役を貰ったことが無く、次回上演される「お気に召すまま」という劇でも、「よくても配役だろう」と思っています。ところが、配役の発表の日にはびっくり!タッチストーンの役が与えられたのです。タッチストーンは公爵から追放されたロザリンド(ヒロイン)とその従妹のシーリアのお供をしてアーデンの森へに行くの逃避行に同行する道化師で、セリフの多い重要な役です。

マックスは大喜びで練習に励み、マックスは、劇団の練習が終わった後も、一人で残って遅くまで練習します。一人なので、ロザリンド、シーリア、タッチストーンの三人分のセリフを一人芝居形式で練習をしているところを監督に見られ、演技能力を認められます。

公演直前にリハーサルが行われます。ところが、主演女優が交通事故で入院!代役が用意されていたのですが、実際にやらせてみると悲惨な演技で、監督たちは真っ青になります。その時、監督がマックスの一人芝居を思い出し、「お前、ちょっとロザリンドのセリフをしゃべってみてくれ」と言われ、渋々ロザリンドのパートを皆の前でやってみせます。

「素晴らしい、今回の公演のロザリンド役はマックスにやってもらう」

監督に言われて「僕、男なんですけど」と抵抗するのですが……

***

「舞台女優の秘密」はTS小説というよりも、かなりシリアスな大人のロマンス小説です。マックスの17歳から36歳までの波乱に満ちた生涯が描かれた作品です。

原作”As You Like It”の題名は、シェイクスピアの「お気に召すまま」の英語原題そのものです。六月に出版された桜沢ゆうの「お気に召すまま」(副題:異性の異性は同性?)とは全く別の小説です。紛らわしくて申し訳ございません。軽井沢のホテルを舞台にしたTS小説の方も二重異性装がテーマだったので、そんな名前をつけたのですが、その時点ではシェイクスピアの「お気に召すまま」に直接関連した小説を書く予定はなかったので、こんなことになってしまいました。


ご購入はこちらから

 

立ち読みページはこちらをクリック

 

カテゴリー: お知らせ, リアル系TS小説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



プロフィール
Contact Form
お問い合わせはこちらから
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  にほんブログ村 小説ブログへ  人気日記BLOG  

本ウェブサイトはMixHostのサーバーに引っ越してSSL化を完了し、保護された https:// サイトになりました。詳細はこちらをご覧ください。