「インカの末裔:囚われて女にされて」を出版しました

  • by

身の毛もよだつ?TSホラー小説、「インカの末裔:囚われて女にされて」を出版しました。本書は桜沢ゆうの日英TS文庫の小説で以下の英語小説の日本語版です。

原作:Forbidden Hotel
副題:Trapped and Feminized
著者:Yulia Yu. Sakurazawa

主人公はマイアミに生れ育った美少年系の19歳の男性トロイ・カーターです。父が事故で亡くなり一人ぼっちになったトロイは、英国在住の姉ジュリアのもとにしばらく身を寄せようと考えて渡英します。トロイが二歳の時に母親が亡くなり、七歳になった時に嫁ぐまでジュリアがトロイの母親代わりでした。

ジュリアの嫁ぎ先は英国南西部のデボン州のダートムーア国立公園の真っ只中にある古いホテルのオーナーです。トロイが行ってみると、そのホテルは荘厳な趣のあるゴシック建築で、トロイはその美しさに圧倒されます。しかし、建物の隅々には綻びが見られ、栄光が過去の物であったことをうかがわせていました。

トロイはジュリアの夫でホテルのオーナーであるアーサー・サイクス氏から思いもかけない形での大歓迎を受けますが、トロイを待っていたのは恐ろしい監禁の日々でした。

「インカの末裔:囚われて女にされて」はインカ帝国の秘儀を軸に、身の毛もよだつエンディングへとまっしぐらに突き進むTSホラー小説です。


  • 購入はこちらから
  • 立ち読みコーナーで試読したい方はこちらをクリック

これは性転のへきれきTS文庫、日英TS文庫、その他の桜沢ゆうの出版物を紹介するHPと桜沢ゆうのブログを兼ねたサイトです。桜沢ゆうは千葉県在住の作家で、1997年に処女作「性転のへきれき(ひろみの場合)」を出版して以来創作活動を続けており、数多くのロマンス小説、ファンタジー小説、サスペンス小説、ソフトSF小説などを出版しています。作品の多くは性同一性障害、性転換のテーマを扱っています。小説の分類としてはTS小説が多く、その他は純文学となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です