三つの願い(今日からOLになりなさい)を改訂再出版しました |

三つの願い(今日からOLになりなさい)を改訂再出版しました

「三つの願い」の再校閲を機に表紙画像を一新し「今日からOLになりなさい」を副題として再出版しました。主人公は三つの願いを唱える機会を与えられたら何を言おうかと常日頃考えていたので、実際に神さまと出会った時に、一つ目の願いとして「女の子が四六時中うるさいほど僕にたかってくるような高身長のイケメンになりたい」と唱えます。神さまは主人公が何を考えているかを詳しく聴取してくれて、希望をかなえてくれようとするのですが……。ここから後は読んでのお楽しみ。

***

皆さんは三つの願いを考えたことがありますか?

私は何百回も三つの願いについて考えたことがありますが、その度に気になっていたのが、複合的な願いをしてもよいかどうかという点です。

例えば、男性が「若くて美しい女性になりたい」と願った場合、それは「若くなりたい」と「美しくなりたい」と「女性になりたい」いう三つの願いの組み合わせだと考えられます。一つの文を一つの願いと見なすというルールなら「若くて美しい女性になって大金持ちの男性と結婚して百歳以上まで健康で幸せな人生を送りたい」という願いをすればいいわけです。

それでは三つの願いの意味がありません。

でも、もっと賢い願いも考えられます。「若くて美しい女性になりたい」という代わりに、具体的にそれはどんな女性かをイメージして、例えば「美人女子高生になりたい」と言えばいいのです。

さらに言えば「美人女子高生になりたい」だと「美人になりたい」と「女子高生になりたい」の二つの願いから成り立っていると神さまに却下される可能性があります。それを克服するには、例えば「全日本美少女コンテストでグランプリを取りたい」という願いにすれば、神さまもひとつの願いだとみなさざるを得ないのではないでしょうか?

この小説を書くにあたって「三つの願い」について調べた結果、序章にも書いた通り、一六九七年のフランスの童話がそもそもの原作だったと分かりました。ただ、その原作の目新しさは、不用意な言葉を口に出した結果、一つ目と二つ目の願いが無駄になる三つ目の願いをせざるを得なかったということだったと思います。この小説でも、そんなトホホな結末の可能性を結構長い間引きずりそうです。

人間はずっと以前から神さまへの願いについてああでもない、こうでもないと想像していたはずです。

ホモサピエンスに進化する前から色々な願いを持っていたのではないでしょうか。美味しいバナナをもう一度食べたいとか、あの異性と一緒にいたいとか、言葉を持たなくても、願いは成立すると思います。

オスがメスになりたいという願いは、人類が言葉を持つ以前から存在したでしょうか? メスの乳房を見て、自分の胸に同じものがあったらいいのにと願う類人猿がいたとしてもおかしくないと思います。サルでも個体によって行動様式には差があるようですので、戦いを好まない類人猿が、メスのように暮らしたいと考えることは十分にあり得たと思います。

有史以降の人類の場合は、男女の服装の違いが明確になり、女性の服装が機能よりも美を重視する傾向が明らかになったことで、「女になりたい」という願いが「女と同じように美しく装いたい」という願いと錯綜し、しばしば混同されることで話がややこしくなりました。

色々考えると、男女の服装に差があることが、異性になりたいという願いについて徒らに引き金を引いたり、煽ったりしているのではないかと思います。男女の服装を同じにすることによって、人間は性別についてもっと冷静に考えられるようになるのではないかと思うのです。

例えば、中学の制服は、男女ともスカートにすればいいのではないでしょうか? 上はブレザーでもセーラー服でもどちらでもいいし、紺のプリーツスカートでもチェックでもいいと思います。私はクラシックな紺のプリーツスカートで膝が隠れるぐらいの長さの制服が好きです。

男女が同じ服装なら、不必要に区別をつけることも減り、お互いの理解度が格段に上がるはずだと思います。


ご購入はこちらから


性転のへきれきTS文庫
著者:桜沢ゆう

三つの願い
今日からOLになりなさい

序章 トホホな願い

昨夜、祖母、母と僕の三人でテレビのお笑い番組を見ていたら『もし神さまが現れて三つの願いを叶えてやろうと言われたら、何をお願いするか』というネタを売れっ子芸人コンビがやっていた。

背が高い馬顔の方の男の願いは、きりっとした小顔になって、金持ちの女と結婚することであり、残りのひとつの願いは内緒だと言う。もう一方の小柄で整った顔の男性は、宝くじに当たること、背が高くなることが願いだが、三つ目の願いはこの場では言いにくいとのことだった。

結局二人は三つの願いをメモ書きして交換するのだが、別れた後でメモを読み、相方あいかたの三つ目の願いが自分と同じだったことを知る。それはコンビを解消したいという願いだった、というのがオチだ。

そのオチは面白くないと感じたが、二人の願いはとどのつまり、女にモテる外観になりたいということと、金持ちになりたいということだった。人間誰でも同じようなことを考えているのだなと思った。

一緒にテレビを見ていた祖母に
「おばあちゃんなら三つの願いは何にする?」
と聞いてみた。

「そうねえ、膝の痛みが取れて元気に歩けるようになること、老眼鏡なしに本が読めるようになること、三つ目は、病気せずに長生きしてから、おじいちゃんが待っている天国に行くことかなぁ」

「三つ目の願いは長生きすることと天国に行くことの二つの願いが入っているからダメだよ」
と言うと祖母は「私って欲張りね」と笑った。

ちっとも欲張りだとは思わなかった。「完全な健康体になりたい」という願いにすれば、祖母の三つの願いのうち、長生きするという点以外は全てカバーできる。三つの願いを口に出す時に最も大事なことは、一つ一つの願いを、できる限り包括的な表現にするということだ。

母にも同じ質問をした。

「小じわがなくなることと、少しだけ若返ることかな。もし二十歳も若返ったら柚葉たちと親子でいられなくなるから、十年でいいわ。もう一つは、お父さんの給料が上がることよ」

母も祖母に似て欲のない人だなと思った。二十歳の美女になってIT会社の青年社長と結婚したいと願うこともできるのに、家族との関係を保つことを大事にした三つの願いにこじんまりとまとめてしまった。

元々「三つの願い」はシャルル・ペロー作の「ばかげた願い」という童話(”Les Souhaits ridicules”, Charles Perrault, 1697)が起源だそうだ。

ある日、森の中でジュピターという神さまが貧しい木こりの前に姿を現して、三つの願いを叶えてやろうと言う。木こりはじっくり考えてから願いを言うことにして帰宅するが、暖炉の前で休んでいて「デカいソーセージを焼いて食べたい」という考えが頭に浮かび、つい口に出してしまう。すると一メートル以上もあるソーセージが目の前に現れる。夫が一つ目の願いをつまらないことに使ってしまった事に腹を立てた木こりの女房がイジイジと文句を言うと、木こりは逆ギレして「ソーセージはお前の鼻にでもぶら下げてろ」と悪態をつき、それが二つ目の願いとして実現してしまう。結局三つ目の願いは、女房の鼻からソーセージを剥がし取ることに使うしかなかった、というトホホなお話だ。

この童話には別なバージョンがあって、ソーセージの代わりにデカいプリンだったりする。ちなみに、スーパーで売っているプリンではなく、本来のプディング(小麦粉、米、ラード、肉、卵、牛乳、バター、果物などの材料を混ぜて、砂糖、塩などの調味料や香辛料で味付けし、煮たり蒸したり焼いたりして固めた料理の総称)なので、いずれにしても木こりにとってはごちそうを意味している。ソーセージにしてもプリンにしても、僕なら自分で奥さんの鼻からナイフで切るとか食いちぎるとかして、三つ目の願いはもっと賢く使うところだ。

木こりに三つの願いを叶えてやった神さまはジュピターと言って、ローマ神話の天空の神ユピテルの英語名だが、この神さまは最高位の女神ユーノーの夫でありながら、時として女性化・女体化して女神となることもあるそうだ。この童話の別バージョンではジュピターではなく木の霊が木こりの前に表れて三つの願いを叶えてやろうと提案する。

僕が生きている間に神さまが目の前に現れるような事態になることは期待していないが、木とか、水とか、草花とか、自然の中にみ付く霊が現れる程度のことなら絶対に無いとは言い切れない気がする。万一そうなった場合に備えて、つまらない願いを口にしてしまわないように準備しておくのが賢明だ。

僕の願いの根幹は、何といっても女性にモテることだ。モテるための要件は三高、すなわち、高身長、高収入、高学歴というのが通説だ。つまり、イケメン男性になること、稼ぐ力のある男になること、いい大学を出ることだ。

僕の場合は一流半の大学を出てしまったので今更高学歴という条件をクリアするのは困難だが、二十代で年収一千万あれば、僕の学歴でも女性はワンサカ寄って来るだろう。結論として高身長のイケメンになることと、年収一千万円以上になることを二つの願いにするのがいい。三つ目をどんな願いにするかはもう少し考えてみたい。


続きを読みたい方はこちらをクリック!


カテゴリー: OLになる, 異性装・女装

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



プロフィール
Contact Form
お問い合わせはこちらから
カテゴリー別
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  にほんブログ村 小説ブログへ  人気日記BLOG  

本ウェブサイトはMixHostのサーバーに引っ越してSSL化を完了し、保護された https:// サイトになりました。詳細はこちらをご覧ください。