「未分類」カテゴリーアーカイブ

サーバー移転を完了しウェブサイトのSSL化が完了

【性転のへきれき・ウェブサイトのサーバーのMixHostへの移転・SSL化を完了し、HTTPSサイトになりました!】

性転のへきれき https://hekireki.net のウェブサイトは2013年ごろにServerQueenの共有サーバーで切り替えて運営してきましたが、老朽化(PHPのバージョンが古い)等によりスムーズに動かないことが増えてきたため、この度MixHostのサーバーに移転いたしました。”パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー”と高速が売りの謳い文句でしたが、以前よりサクサク表示されるようになったと喜んでいます。

サーバーを移転したのはGoogleがサイトのHTTPS化を促進する姿勢を強く押し出し始めたので、性転のへきれきHPも早めにHTTPSをしたいと思ったからです。HTTPサイトのHTTPSへの移行は非常に手間がかかる作業が必要で考えるだけでも重荷でしたが、MixHostは標準でSSL対応したサーバーとのことで、実際にやってみたところ、非常に楽にHTTPS化が完了しました。

  1. WordPressの設定で、サイト名をhttp://hekireki.netからhttps:/hekireki.netに変更。
  2. “Search Regex”というプラグインを使って、サイト内リンクをすべてhttps://に書き換え。
  3. サイトの .htaccess ファイルに以下の3行を追加。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

読者の方が http://hekireki.net の古いリンクをクリックした場合でもちゃんと https://hekireki.net につながるようになりました。

これで性転のへきれきHPは「保護された接続」になりましたが、表示される内容などにhttpサーバーから引っ張ってきたものがあるページ(例:相互リンク画像)は「このサイトへの接続は完全に保護されていません。このサイトで目にする画像は悪意のある第三者によって差し替えられたものである可能性があります。」という意味の但し書きが表示されます。(ブラウザーにより異なる。)サイト内の相互リンク画像をすべて置き換える作業が今後の課題です。

ひとまず、GoogleからUNSECUREなサイトと見なされない状況になったということでほっとしています。

***

余談ですがMixHostはLiteSpeedサーバーを採用しており、サーバーレベルのcacheによる高速化が売りとなっています。WordPressの場合LiteSpeed cacheはプラグインによっても利用できるのですが、私は.htaccessに記入する方法を選びました。最終的にSSL化対応も含めて.htaccessは以下のような構成になっています。これからMixHostに乗り換えられる方のご参考のために貼り付けておきます。

******** ここから ********
<IfModule LiteSpeed>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Mobile|Android|Silk/|Kindle|BlackBerry|Opera\ Mini|Opera\ Mobi [NC]
RewriteRule .* – [E=Cache-Control:vary=ismobile]
RewriteCond %{REQUEST_METHOD} ^(HEAD|GET)$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/(wp-admin|wp-login.php|wp-cron.php)
RewriteCond %{HTTP_COOKIE} !wordpress_logged_in_
RewriteRule .* – [E=Cache-Control:max-age=120]
</IfModule>

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://tg-books.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress
******** ここまで ********




痴漢冤罪はKindle Unlimited会員は無料でお読みいただけます

KUL会員なのに新作「痴漢冤罪」が980円払わないとダウンロードできなくなっているとのご指摘を受けました。他の作品と同じように出版手続きをしたつもりだったのですが…….。再操作した結果、KUL会員は無料でお読みいただけるようになりましたのでお知らせします。


尼僧になり損ねた僧侶(桜沢ゆう新作:英語小説)

桜沢ゆう性転のへきれきシリーズの姉妹文庫で英語小説のご紹介です。Twitter記事を転載します。

英語小説「尼僧になり損ねた僧侶」を出版しました。主人公は僧院で育った孤児で、18才の時に上司のお供で大都会に行きます。使い走りで外出した際に殺人事件を目撃したことをきっかけに数奇な人生を歩むというサスペンスドラマです。https://t.co/zbRe22V0a9 pic.twitter.com/SpKwpOAgRE


「痴漢冤罪」という小説を執筆中です


絵画モデル他がKindle for PCで読めないという問題が解決しました

桜沢ゆうの性転のへきれきシリーズの小説の以下のタイトルを購入した場合にKindle for PCでは読めないという問題が発生し、苦情が寄せられていました。AmazonのKDPチームに何度か相談した結果やっと解決策が見つかり対策を講じました。

Amazonチームが調査した結果の解凍は「content.opfという言語ファイルの設定を[dc:language]ja[/dc:language]と記載して再出版すればKindle for PCへの配信が可能となる可能性がある」というものでした。早速上記4タイトルの言語ファイルの記述を変更して再出版の手続きを行った結果、2016/10/20現在でKindle for PCへの配信が可能となっていました。

愛読者の方に長らくご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。


性転のへきれきは横書き!ふつうの電子書籍は縦書き?

After Seven (Se7en) というサイトに性転のへきれき「スイッチ」の読書感想文が載せられていました。

http://d.hatena.ne.jp/Kow/20160606/1465215448

とても好意的な感想を書いて下さっていて気を強くしたのですが、その中に以下のようなコメントがありました。

しかもこの作品は横書きである。そしてさまざまな文芸的な作法をあえて破っている。そのせいなのか、あるいはKDP作家と呼ばれる人たちが内輪の仲間で閉じこもった世界しかみていないからなのか、KDP作家たちには桜沢ゆう先生の姿が映っていないようだ。

ええっ!横書きと言うのはそんなに異例な事だったの?!それに私は作法を破っている!

知りませんでした・・・。そう言えば私がKindleで買ったり無料プロモーションでダウンロードして読んだ小説は全部縦書き!!

元々、小説の冒頭の部分を性転のへきれきHPで公開して「続きを読みたい方はこちらをクリック」のリンクで販売サイトに飛ぶ形にしてきましたので、そのまま Sigilという無料ソフトにコピペしてEpubファイルを作成し、Amazon Kindle(KDP)にアップロードするという超簡便法での出版を続けてきました。

その結果、私の小説は全てウェブページと同じフォーマットになっていて、段落の最初に空白文字が入っていませんし、アルファベットと数字は基本的に半角になっています。

私が積極的に参加している日本独立参加同盟のフォーラムで少し前に「推敲の際に縦書き表示にするとミスが見つけやすい」という投稿を見て、秀丸というエディターの縦書き表示モードを使って推敲をするようになりました。誤字(例:言った vs. 行った)が減ったのではないかと思います。同じフォーラムでMadoka Text Converterという小説仕上げ校正補助アプリ(無料)を公開されている方が居て、それを使えば縦書きでも横書きでも段落の最初に空白を入れるという編集は簡単にできます。

出版済みの作品について縦書きへの変更と段落初めの空白挿入を行うのに必要な時間は一作品当たり一時間ぐらいかな、という感じです。

でも、縦書きに変更すべきかどうか、迷っています。理由は、

  • 出版にワンステップ余計に手間がかかること、特にEpubに変換する際に色んなcompatibility problemがありそうなこと。(ソフトウェアを買えば解決すると思いますが。)
  • 文中に英単語を使いにくくなること。(英単語のみ横表記になります。)
  • スマホで大量の文章を読んで育った人たちの20年後:小説だけを縦書きで読むことに違和感を覚えるようにならないでしょうか?

当面は、従来「第1章」と書いていたのを「第一章」にするとか、文字数の少ない英単語だけは全角文字にする(SNSは全角、Facebookは半角:半角英文字は横表記になるので)とか、将来縦書き出版にシフトすることになっても手間がかからないように微妙な舵取りを開始しました。従来「私は21才」と書いていたのをそのまま縦書きに変換したら21だけが横表記になり、「私は21才」と21を全角にすると縦書きでは2の下に1が来ます。「私は二十一才」と書く癖をつければ縦書き・横書きどちらでも大丈夫。でも漢数字がやたらと多い文章になります。「2016年」を「二千十六年」と書くと時代物SF小説みたいに見えますよね。それなら「二○一六年」?これ、顔文字に見えません?

縦書き・横書きに関して性転のへきれき愛読者のみなさんのご意見があれば是非お知らせください。