「日本で同性婚が許可になった日」のシリーズ化に伴う装丁変更

「日本で同性婚が許可になった日」の装丁を変更しました。

変更した理由は、同性婚をテーマにしたTS小説のシリーズ化に着手したからです。現在、同性婚シリーズの②と③のプロットを作成中で、小説が完成次第、第二弾、第三弾として出版する予定ですのでお待ちください。

従来の表紙画像だとシリーズ化した場合に統一感を出しにくいので、縦書きの表紙にしてみました。小説の執筆に着手する前に表紙デザインを先に考えるのは私としては異例なのですが、見ているとアイデアが膨らみそうなほんのりして可愛い表紙だな、と一人で悦に入っています。

第二弾の主人公の名前は鈴太郎で、「日本で同性婚が許可になった日(鈴太郎の場合)」というタイトルの小説になる予定です。

同性婚のテーマはLGBTのLとGに該当し、Tを扱う性転のへきれきとは必ずしも関係しないはずなのですが、性転のへきれきTS文庫の小説ですので強引にでもTに持って行くことになり、登場人物の関係からするとBL的なTS小説になりそうです。しかし、重要な相手役として必ず女性が一人は登場するのが性転のへきれきTS文庫の特色であり、第二弾がどんな小説になるか、まだ作者自身にも定かではありません。


  • 購入はこちらから
  • 立ち読みコーナーで試読したい方はこちらをクリック

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です