女弁護士に愛された男が日本文学の31位!?

11月19日にAmazonで出版された桜沢ゆう・性転のへきれきシリーズ新作小説「女弁護士に愛された男」の売行きが好調です。dddddddddddddd先ほどカテゴリー別のランキング(1時間ごとに更新される)をチェックしたところ以下の通りでした。

Amazonには「TSノベル」というカテゴリーはないので、ピタリではないものの全くピント外れで無いカテゴリー「ボーイズラブノベルズ」では性転のへきれきの新作は一定期間必ず上位(10位以内)に入るのですが、今回の注目はAmazon(Kindleを含む全売上)の「文芸作品 > 評論・文学ガイド > 日本文学」の31位に入っているという点です。「女弁護士に愛された男」前後の作品を見ると:

  • 25位 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)村上春樹
  • 29位 レ・ミゼラブル ビクトル・ユーゴー
  • 32位 全訳 源氏物語

Amazonのカテゴリーは、出版時に著者が指定するカテゴリーと、Amazonが勝手に振り分けるカテゴリーがあり、Amazonが「女弁護士に愛された男」を「日本文学」に入れてくれたと言うのは喜ばしいことだと思います。


【後記】本書のタイトルは「女弁護士に嫁いだ男」に変更されました。

  • 購入はこちらから
  • 立ち読みコーナーで試読したい方はこちらをクリック

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です