「クローン」タグアーカイブ

私はクローン・性転のへきれき(里奈の場合)

私はクローン_通常版私はクローンは性転のへきれきの新作(里奈の場合)です。

向坂大吾は32才のIT会社社長です。末期癌におかされ余命3ヶ月を宣告され、それをFacebook、Twitter、公式HPなどで公開し、癌克服の方法について公募します。

その結果、2つの新規技術に救いを求めて奮闘します。

一つはAEDという治験段階以前の強力な新薬候補物質(天然物の誘導体)です。

もう一つは向坂大吾の細胞からクローン人間を作って脳の中の情報を転写するというとてつもない方法でした。

AEDは濃度を上げた段階でアナフィラキシーショックを起こし向坂大吾は意識を失います。冷たいベッドの上で目を覚ました「私」は、何となく元の身体とは少し違っているような気もしましたが、クローンの実験が成功したことを悟ります。そして・・・・。



 性転のへきれき(里奈の場合)

私はクローン

第1章 人生最大の危機

9月30日(水)

精神的な強さが自慢だった。

どんな逆境でも平然として立ち向かうことが出来ると自認してきた。受験に失敗して一流半の私立大学に進学したがクヨクヨせずに大学生活を楽しんだ。就職した一部上場企業が倒産した時も、その後友人と設立した会社が行き詰まった時も、気力を失わずに前進した。

自分は運の強い人間だと信じ、何があっても頑張った。その結果として今の自分がある。背水の陣で開始した音楽検索サービス「トゥルヴェ」が成功し、株式会社トゥルヴェのJASDAQ上場を果たした32才のIT会社社長である向坂大悟、それが私だ。

「苦境を与えてくれた神様に感謝しよう。逆境に会ったら嬉々として前を向こう。苦境こそが私たちの資産だ。」という社是を掲げて社員を鼓舞してきた。

それが何というざまだ。今の私には前進するどころか、立ち上がる気力もない。数分前に医者からCT検査の画像を見せられ末期癌の宣告を受けた私はその場では平然を装ったが、診察室を出た瞬間に鼓動が異様に高まり脳の血管が今にも破裂しそうになった。しばらくすると全身から血の気が引いて膝が諤々と震えた。かろうじて近くの長椅子に辿り着き、腰を下ろして頭を抱え込んだ。

長椅子での茫然自失の状態がどれほどの間続いたのかは覚えていない。思考は完全に停止していたが、それでも私の脳の中には結論が醸成されていた。

「この逆境は乗り越えなければならない。」

余命3ヶ月と言われたが、定期検診の腹部エコーの結果の再診で癌が確認されたという経緯であり、これといった症状の自覚はない。病状を知らされて敏感になった私に、これから雪崩のように苦痛が襲いかかるのかもしれないが、まだ戦うための体力と時間は残っている。

昨年、星陵高校が石川県大会決勝で8対ゼロでリードされて迎えた9回裏、彼らは諦めることなく戦い続けて逆転し2年連続の甲子園出場を決めた。私は今、10対ゼロでリードされた9回裏2アウトのバッターボックスに立っているのかも知れないが、戦い続けてこそ勝利の可能性が出てくるのだ。

だからといって戦いの具体策を持っているわけではない。

こんな場合は人に聞くに限る。まず、私は6万人のフォロワーがいるTwitterで病状について詳細に公表するとともに、この苦境を必ず乗り越えるという決意を表明した。次に1200名の厳選した友達がいるFacebook、及び公式ウェブサイトで更に詳細な病状を記し、私が苦境を乗り越えるための協力を依頼した。続いて、Google AdsenseとFacebook広告で、医学、医薬、分子生物学、免疫学、癌研究、等々のキーワードによりターゲットを絞った広告を掲載して公式ウェブサイトへのクリックを誘導した。

これらの記事には「予算:50億円」と明記した。上場を経て私の持株の時価は約70億円に達している。病状を公開すれば株価が下落する可能性が高いが、それでも50億円程度の価値は残るだろう。全財産を使っても生き残ればまたゼロからスタートすればよい。

午前零時になった。私は人生最大の危機に遭遇したが、今日のうちにできる事は全て実施したという達成感を枕に眠りについた。


続きを読みたい方はこちらをクリックしてください。