あの頃の私はおてんばだった【立ち読みページ】 | 性転のへきれき

あの頃の私はおてんばだった【立ち読みページ】

あの頃の私はおてんばだった

 第一章 おてんば娘

四月の蒸し暑い日だった。樹々の花が開花し、マンゴーが熟し、動物たちは交配を始めた。私は六百五十CCの愛機ロイヤル・エンフィールドで村の道路を疾走している。こんな田舎町では女性が大型バイクをする光景にはある種の畏敬の視線が向けられる。

取るに足りない田舎娘から著名な女性写真家になるまでの私の人生は、畏敬の視線に値するという自負を私は持っている。そして私の成功はネハという女性のお陰だった。

私はハリヤナ州の小さな村で生まれた。黄金色の芥子畑、絵のように美しい学校、そして牛や羊が佇むのどかな光景が広がる。私の家は貧しく、掘立て小屋のような家に両親と五人の子供が住んでいた。そのうち二人が男の子、私を含む三人が女の子で、私は末っ子だった。

私たちの村では強固な家父長制が守られており、うちの家もその典型だった。父に全ての権限が集中していて、男性が尊ばれ、女性は価値がない存在と見なされていた。母は一日中家事をしたり畑で働き、父に対して質問をする権利すら与えられていないように見えた。

私の二人の兄は、姉や私とは全く異なる扱いを受けていた。兄は私立の英語学校で学び、良い服を着て、牛乳や卵などの栄養価が高い食べ物を与えられた。姉と私は公立学校に通い、服は二セット、食べ物はロティ(パン)とダール(ひよこ豆のカレー)だけで、たまに野菜か果物を一切れ食べさせてもらえた。

母に「私も牛乳と卵が欲しい」と何度かせがんだことがあった。すると、母が私に返事をする前に父からビンタが飛んで来た。

「お前は一体どういうつもりだ?」
と父は私をせっかんしながら怒鳴った。
「牛乳や卵はお前のお兄ちゃんたちのためのもので、お前たち女が食べるものではない!」

私はしょっちゅう叱られたり叩かれたりしたので、どうしてカンヤ・プジャンの祭りの日だけは大人たちが女の子を崇拝するかのように大事にするのだろうと不思議に思っていた。

大きくなってから知ったことだが、カンヤ・プジャンとは「処女を崇拝する」という意味で、ナヴラトリ・フェスティバルの時に実施される行事だ。その日だけは私の両親を含む村の大人たちが、晴れ着を着てマリーゴールドの花を着けた少女たちをドゥルガ女神の化身として崇拝する。私たちにとって、足をきれいに洗われて美味しいものを食べさせてもらえる夢のような一日だ。翌日から、私たち女の子は徹底的に軽視されて、男の子だけが大事にされる毎日が再開する。

私は「じゃりン子」だったので、特に親から愛情を注がれなくても結構幸せだった。毎日元気に登校し、授業が終わると悪ガキ仲間とつるんだ。モヒット、アディチャ、ラフール、ヴィヴェックと私の五人組のギャングで、私は農民の娘が着る麻のフロック(ワンピース状の服)を着ていたが自分も悪ガキの一人と思っていた。私は活発に走り回るのが好きで、女の子のような遊びには全く興味がなかった。

五人のギャングは一人一人性格が異なっていた。モヒットは遊びの計画を立てるのが得意で、従順なアディチャはモヒットが立てた計画の実行役、ひょうきんもののラフールは冗談を言いまくり、ヴィヴェックは大人しく親切で気が利く子だった。私は五人組のリーダー格で四人の男子は私の指示に従って遊んだ。

五人で木に登ったり、洞窟を掘ったり、流れをせき止めてダムを造ったり、泥をこね回す毎日だった。夢中になったのはギリ・ダンダというクリケットに似た遊びで、ギリと呼ばれる短い棒を地面に描いた円に置き、打者がダンダと呼ばれる長い棒でヒットして遠くに飛ばすと点が入る。

男の子と遊んでいる所を父に見つかるとしこたま殴られた。女の子は女の子らしく振る舞い、台所で母を手伝えといつも言われた。しかし、私はそんなことにはめげずに、スキを見て家を抜け出しギャング仲間と遊んだ。ヴィヴェックは私のしょぼんとした表情に気付くと「どうかしたの?」と声を掛けてくれた。私は他の人に対しては平静を装っていたがヴィヴェックにだけは父から受けた酷い仕打ちについて打ち明けた。ヴィヴェックは私の言うことに辛抱強く耳を傾け、同情と励ましの言葉をかけてくれた。私が普段家でどんな扱いを受けているかを知っているので、時々コップに牛乳かバターミルクを入れて持って来たり、ゆで卵を二、三個くれた。ヴィヴェックのお陰で力を盛り返して五人のギャングの首領として活躍できたのだった。

私が十一歳の時にグアヴァの実を摘もうとして気に登ったが、掴んだ枝がぽきんと折れて三メートル下の地面に落ちた。ドサッと落ちて受身もむなしく倒れたが、その時に膝をしこたま擦りむいてしまった。

痛かった。ギャングの子分たちはポカンと口を開けて私を見ていた。ヴィヴェックだけが優しい灰色の目に痛みと共感を滲ませているのを見て私は元気づけられた。ヴィヴェックは学校カバンから水筒を出して傷をきれいに洗ってくれただけでなく、自分が着ていたシャツを引き裂いて包帯代わりに傷の上に巻いてくれた。

モヒット、ラウールとアディチャは動揺したのか私とヴィヴェックを放ってどこかに遊びに行ってしまった。私は彼らの後姿を睨みつけた。

「私たち抜きで遊びに行くなんてどんなつもりなんだろう!」
と私は悪意を込めて吐き捨てるように言った。
ヴィヴェックは怒った様子もなく笑い出した。
「アーバの怒った顔はすごく可愛いね」

突然意外なことを言われて頬がカーッと熱くなるのを感じた。恥ずかしくて頬が燃えるようだった。恥ずかしさが私の怒りに拍車をかけた。

「ウルサイ!」
と私はヴィヴェックを一喝した。
「黙らないとボコボコにするわよ!」

「分かったよ、プーランデビ」
とヴィヴェックが笑いながら言った。

プーランデビとは自分を輪姦した二十二人の男を虐殺した有名な女盗賊で、国会議員として活躍した後暗殺されるという壮絶な人生を送った女性のことだ。プーランデビも貧しい生まれで私にとってヒーローのような存在だったので、ヴィヴェックにプーランデビと呼ばれて煽てられた気がした。

「アーバの可愛さを褒めるのは、結婚してからにするよ」

「け、け、けっこんですって!」
と私は素っ頓狂な声を出してしまった。

「そうだよ、アーバ。大好きなんだ。すごくきれいだから。大人になったら結婚しようね」

普通の女の子なら喜ぶところなのだろうが、心の中で苛立ちと怒りが爆発しそうになった。そもそも私は結婚という概念自体が大嫌いだった。

「バッカじゃないの?! 私は誰とも結婚なんてしないわよ。大人になったら弁護士か警察官か何かになって自分の力で生きて行くわ」

ヴィヴェックはとても悲しそうな表情になった。
「でも、誰がアーバの面倒を見るの?」

「自分の面倒は自分で見るわよ」

私はまだ痛いのを我慢して立ち上がった。

「さあ、遊ぼう」
と走り出すとヴィヴェックもついて来た。

***

十五歳の時に初経があった。

その日を境に私の人生は一変して自由が奪われた。

私は麻のフロックを捨てて大人しいサルワール・カミーズ(膝丈のチュニック、パンツとショールを組み合わせたパンジャビ・ドレス)を着て登校することを強いられた。サルワール・カミーズでは走ることもままならないし、生理のある大人の女性になった私にとって男の子と会いに行くことは完全に問題外になった。親が引き続き私を学校に通わせてくれたのは幸運だった。

ギャング仲間と会えなくなったことが一番寂しかった。時々ヴィヴェックからクリケットをしようと誘いがかかり、その度に加わりたいと思ったが我慢して断った。ある日、誰も周囲に居なかった時にヴィヴェックから誘われて、少しだけと思ってクリケットに加わった。運が悪いことにちょうど私の兄二人がクリケット場の横を通りかかり、私がバットを振っているところを目撃された。兄たちは怒鳴りながら駆けて来て私をクリケット場から引きずり出した。私は家に連れて帰られてベルトでお尻をしばかれた。

「なんてことをするんだ! このバカ女め!」
と兄のパワンに怒鳴られた。
「お前はもう子供じゃないんだぞ」

「今度あいつらと遊んでいるのを見つけたら目ん玉をくり抜くからな」
と下の兄のムケッシュに脅された。

その夜、ヴィヴェックが窓の下まで忍び寄って慰めに来てくれた。ヴィヴェックはあれから私が兄たちからボコボコにされたことを聞きつけて、私が大丈夫だったかどうかを心配していたのだった。

「僕が誘ったためにこんなことになって、ごめんね。僕は本当に軽率だった」
と彼は目に涙を浮かべて言った。

「気にしないで。ヴィヴェックにも予想がつかなかったんだから、謝ることは無いわ」

「それでも、ゴメン」

ヴィヴェックが済まなさそうな目をしているので私こそ申し訳ないと思った。ヴィヴェックが私のことを好きなのは確かだ。でも、私はヴィヴェックを恋人ではなく親友だと思っていた。それよりもヴィヴェックと話をしているところを父か兄に聞きつけられたら大変なことになるので、今すぐ立ち去ってくれとヴィヴェックに頼んだ。

「分かったよ。そういうことなら帰るよ。でも、僕がいつもアーバのことを思っているということだけは知っておいてね」
とヴィヴェックが悲しそうに言った。

「普段アーバと話をするのはとても難しくなった。学校で話しているところを誰かに見られたら、そいつが君のお兄さんに告げ口をするかもしれない。今日分かったけどクリケット場も危険だ。この村の中ではお父さんやお兄さんの目を完全に逃れられる場所は無いよ。本当に悔しいな。アーバと話しできないと寂しいよ」

「私もヴィヴェックと話が出来なくて寂しいわ。以前の私に戻りたい……」

「ああ、こんなつまらない制約からアーバが逃れられる日が来ればいいのに!」
とヴィヴェックが嘆いた。

「くだらないことを言わないで。女の子なんだからどうしようもないってことは分かってるでしょう」

「諦めることはないよ。でも、少なくとも頻繁に会うのは難しいから、君のことを思い出せるものを何かもらえないかな」
とヴィヴェックが言い出した。

私はステンレスの指輪を外してヴィヴェックに渡した。

「じゃあ、この指輪をあげる。お願いだからもう帰って」

ヴィヴェックは私から指輪を受け取ると、渋々立ち去った。


続きを読みたい方はこちらをクリック!



プロフィール
Contact Form
お問い合わせはこちらから
カテゴリー別
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  にほんブログ村 小説ブログへ  人気日記BLOG  

本ウェブサイトはMixHostのサーバーに引っ越してSSL化を完了し、保護された https:// サイトになりました。詳細はこちらをご覧ください。