お気に召すまま【立ち読みページ】 | 性転のへきれき

お気に召すまま【立ち読みページ】

お気に召すまま

副題:異性の異性は同性?

第一章 三人の女子

昨夜寝る時にはアパートの窓が強風でガタガタと音を立てていたが、台風は真夜中のうちに関東地方を突き抜けたらしく、カーテンを開けると穏やかな朝の光景が窓の外に広がっていた。道路を隔てた高層マンションの側壁は柔らかな陽ざしを浴びて、青い空を背景に映えている。マンションの横を走る県道からの排気ガスも空気中の埃も風雨が絡め取ってくれたようだ。台風一過とはまさに今朝にぴったりの言葉だと思った。

駅の手前の住宅街を通ると家屋の塀が十メートルにわたって倒れていて、昨夜の暴風の強さを物語っていた。ほんの数時間で嘘のように穏やかな天気になるなんて。女心と秋の空とはよく言ったものだ。

女心が移り気といっても誰でもそうだというわけではない。僕の短い人生経験から言わせてもらえば、移り気な人は決まって美人だ。「一緒に行こうね」と約束しても、いざ約束の時間になったら「ごめん、行けなくなった」とLINEが来るだけで本人は現れない。普通の女の子なら少なくともどんな用事が出来たから行けなくなったと理由ぐらいは言ってくるものだが、美人だと「ごめん」で済ませてしまうのだから怖ろしい。

幕張駅で電車を降りて商店街を抜ける道を大学に向かって歩く。信号のところで「おっはあ」と肩をたたかれた。同じクラスの大屋敷明美だった。

明美は約束をドタキャンする場合に「ごめん、行けなくなった」で済ませられるかどうか、何とも言えないレベルの女性だ。スタイルはまあまあだし、十八歳の女子だから誰でもそこそこに美しいが、不義理をしても許されるというほどの美人ではない。

「本条君、相談があるんだけど、今日の昼休みに時間を空けてくれない?」

「今日の昼休みかあ……」

特に予定はなかったが、一瞬言葉に詰まった。明美とはクラスの飲み会で隣り合わせたことがあって、普段も顔を合わせれば気軽に言葉を交わす仲だが、一対一で誘い合わせるほど親しくはない。明美が僕のことを嫌いでないことは薄々気づいていた。明美としては僕をいきなりデートに誘うのではなく、何か用を作って昼休みに呼び出し、距離を縮めてから告白しようという考えではないだろうか……。

そんな誘いには乗りづらい。僕は自分を安売りしたくなかった。僕が通う外語大は女性比率が七十五パーセントで、男一人に対して女三人というハーレム大学として知られている。そのお陰で僕は高校時代にはとても味わえなかったモテモテ状況に恵まれている。いつも女子から見られている感じがあるので動作や身なりに注意しなければならないとか、色々窮屈な面はあるが、他の男子の例を見ていると、特定の女性の彼氏として認識されたら、とたんにモテなくなるのが普通だ。明美レベルの女子と簡単にはデートをしたくないというのが僕の本音だ。

「都合が悪いの? 篠原由梨さんと桐生慶子さんも一緒なんだけど、何とかならないかな?」

篠原由梨はクラス一番の美女で、僕の憧れの女性だ。同じクラスの男子の大半が由梨をナンバーワンと思っているはずだ。大屋敷明美・篠原由梨・桐生慶子の三人は同じ高校の出身で、いつも三人でつるんでいる。僕が明美に感じる最大の魅力は、由梨・慶子と友達だという点だった。

「あっ、そうか、今日は十月一日だったよね。僕、勘違いしていた。明日のお昼は予定があるけど、今日は大丈夫だった」

「よかった。じゃあ、『食楽』の入り口から左の一番遠い窓際の席で十二時過ぎに待ってるわね。由梨ちゃんが、本条君に頼みたいことがあるんだって」

食楽というのは大学の学食の名前だ。学外の人も入れる独立したレストランになっており、グルメ雑誌にも取り上げられたことがある。

「分かった。必ず行くよ」

僕はその場でガッツポーズしたいのを我慢した。由梨が僕に頼みたいことがあって、直接は話しかけにくいから、僕と一応懇意の明美に頼んで僕を呼び出したということなのだろう。ということは「頼みたいこと」はアレしかない。すなわち「付き合ってください」ということだ。親友二人が同席したなごやかな雰囲気で、さりげなく告白をしようという由梨なりの作戦なのだ。

高校の友達からの白い眼を押し切ってでも女子比率の高い大学を選んでよかった。たった一回の人生だから、自分が最も望む環境で四年間を過ごしたかった。僕は高校時代から女子が好きだった。男子は乱暴で雑だから一緒に居ると落ち着かないことも多いが、女子がそばにいるといつもほっとした気持ちになれる。そうだ。由梨の「頼み」を聞いて彼氏になるだけでなく、由梨・慶子・明美の仲良し三人グループに僕も入れてもらおう。そして四人グループで毎日つるめる環境になれば、残り三年半の大学生活はますますバラ色になることだろう。

午前中の講義は上の空で、右の耳から入った教授の言葉は、そのまま左の耳から抜けて行った。

十二時になって食楽まで走って行った。女子が好みそうな、トムヤム冷麺とマンゴーアイスのセットを買って、奥の窓の方にトレイを持って進んだ。明美たち三人は既に来ていた。

「ごめんね、本条君。無理を言って私のためにわざわざ来てもらって」

由梨からそんな言葉をかけられて、天にも昇る気分だった。

「わざわざだなんて、水くさいよ。どうせ暇だし、昼休みなら明日からも毎日でも空いてるよ」

「あら、本条君、明日は都合が悪いんじゃなかったっけ?」

「ああ、あの話ね。さっきメールが入って、用事がなくなったんだ」

「ふーん、そうなんだ」
と明美は僕を怪しむ表情で呟いた。

「本条君にお願いしたいのは昼休みのことじゃないのよ。とても頼みにくくて、心苦しい事なんだけど、今日の夕方六時から、私のために時間を空けてもらうことはできないかしら。もしかしてバイトで塞がってたりする?」

「ぜーんぜん大丈夫だよ。篠原さんのためなら何とかするから」

「土、日は朝からでも大丈夫?」

「勿論さ!」

予想以上のテンポで話が進んでいる。いきなり土、日も含めて毎日デートしたいとは、由梨は見かけによらず積極的なタイプの女の子だったのだ。

「よかった。助かった。これまであまり話をしたことがない男の子に頼めるようなことじゃないんだけど、本条君が引き受けてくれて本当にうれしいわ」

「僕の方こそうれしいよ」

「じゃあ、今日の午後の講義が終わったら私の家に来てくれる?」

いきなり家に誘われるとは衝撃だった。家族に引き合わせた上で公認の付き合いをしたいということなのだろうか。由梨がそんなに古風な考え方の女性だったとは意外だ。

「五時ごろ来てくれればありがたいんだけど」

「五時だね。OKだよ」

「住所はLINEで送るわね。友達登録してくれる?」

「うん、喜んで」

スマホを出して由梨と友達登録をした。

「この四人のLINEグループを作ろうよ」
と明美が言い出して、由梨・慶子・明美・僕の四人のグループを登録した。トントン拍子で僕の思惑通りに話が進んで、自分でも怖いほどだ。

「本条君がグループに入ると話題の幅が広がりそうだし、何だか新鮮よね」
と明美が言った。

「そうね。男の子に関する情報も得られて役に立ちそうだわ」
と慶子。

「でも、私たちから聞いた事は決して外には洩らさないでね。女子の世界に入ったら女子の掟には従ってもらうわよ」

由梨が厳しい言葉で釘を刺したのが意外に感じられた。しかし女子の世界に入るという表現は適切ではない。僕を入れて女子三人と男子一人のグループが出来たわけだが、大学全体の女子比率が七十五パーセントだから、由梨の言い方からすると僕は大学入学と同時に女子の世界に入ったということになる。

「女子の掟とは、こわーっ! 僕は口が固いので有名だからその点は心配ないよ。四人の間で見聞きしたことは親にも友達にも話さない。例え警察で拷問を受けたとしても秘密は守るから」

「心配はしていないわ。本条君は信じられそうな人だから誘ったのよ」
と明美が言った。由梨が僕を選んでくれたのは明美のお陰だという事になる。

「仲間になったんだから本条君のことを詳しく知りたいわ」
と慶子が言い出した。
「まず身長と体重から」

「身長は恥ずかしいから……」

「私たちは三人とも百六十三センチよ。本条君も同じぐらいじゃない?」

「白状するよ。僕も百六十三だけど、誰にも言わないでね」

続けて体重を明かした。女の子だから自分の体重は言わないだろうと思っていたが、由梨が「私とピッタリ同じ」と言い、慶子は「一キロ負けた」、明美は「一キロ勝った」と即座に言った。明美が一番痩せて見えるから、一キロ勝ったというのは一キロ軽いという意味なのだろう。それにしても一キロの差は誤差範囲だから僕たち四人は体格的に非常によく似ていると言える。

血液型、家族構成、親の職業、兄弟姉妹の性格、趣味、自分の性格、中高校時代の恋愛経験、等々、三人は思いつく質問を次から次へと浴びせかけて、僕は隠し立てなく答えた。僕が答えるたびに三人は「私はこうよ」と自分のことを僕に教えてくれた。

三人の間ではお互いのことは隅から隅まで知っており、何かひとこと言えば全部聞かなくてもお互いの気持ちが分かるようだ。男どうしだと興味があることやその時の会話に必要なこと以外は質問しないし、知りたいとも思わないので、こんな関係を経験するのは初めてだ。さきほど由梨から女子の世界の掟という言葉を聞いた時には違和感を覚えたが、その言葉の意味が分かった気がする。

あっという間に時間が過ぎて昼休みが終わりに近づいた。僕は午後の講義を休んででも会話を続けたい気持ちだった。

「じゃあ、続きは夕方ね」
と由梨が言うと、僕が「うん」と答えるのと同時に慶子と明美も「うん、夕方ね」と答えた。

「えっ、二人も来るの?」

「あ、本条君は自分だけが由梨の家に呼ばれたと思ってたんだ!」
明美に言われて赤面した。

「ごめんね、本条君。食楽だと誰に聞かれているか分からないから肝心なことを話せなくて。私たち四人にとって大切なことだから、私の家で詳しく話したいの。いいでしょう?」

「勿論、大歓迎だよ。じゃあ五時に篠原さんの家で」
と答えて別れた。

「私たち四人にとって大切な事」とは何だろうか。由梨は一時間前に会ったばかりと言ってもいいほどの関係なのに、僕を同じ高校から来た親友である慶子・明美と同列の仲間として扱ってくれている。由梨と彼氏と彼女の関係になることとは別の問題だが、信じられないほどの幸運が訪れたのだった。


続きを読みたい方は以下のいずれかをクリック!



プロフィール
Contact Form
お問い合わせはこちらから
カテゴリー別
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  にほんブログ村 小説ブログへ  人気日記BLOG  

本ウェブサイトはMixHostのサーバーに引っ越してSSL化を完了し、保護された https:// サイトになりました。詳細はこちらをご覧ください。