エキストラ(映画を生きる)改訂版の出版のお知らせ | 性転のへきれき

エキストラ(映画を生きる)改訂版の出版のお知らせ

桜沢ゆう「エキストラ(副題:映画を生きる」の改訂版をAmazon及び楽天Koboで出版しました。

憧れの女優である早瀬美玖が出演する映画のエキストラの募集に応募したことがきっかけで、思いがけずに映画の世界に足を踏み入れた男子大学生の心躍る経験と苦悩を描いた作品です。性転のへきれきTS文庫のレーベルですので、TS、性同一性障害、女装、LGBTが重要な要素となった小説であることを予めご承知おきください。

ストーリー自体は初版から変化がありませんので初版をAmazonで購入済みの方はご注意ください。


男子高校生として登校する性同一性障害の女子の役を演じる難しさ……
エキストラは女優への登竜門?

主人公の水沢詩音は千葉にある大学に通う男子学生。若手女優の早瀬美玖の大ファンで寝ても覚めても早瀬美玖の事ばかり考えている。詩音の彼女である長尾幸子は杉内数馬のファンで、お互い、早瀬美玖と杉内数馬に憧れることは許容するという合意が出来上がっている。

早瀬美玖と杉内数馬が共演する「黄色い蕾」という映画が撮影中だが、高校生役のエキストラが足りなくなって緊急募集がかかる。詩音と幸子はエキストラに応募し、採用される。

ロケ地は江戸川の堤防沿いで、詩音と幸子が行くとエキストラが80~90名も集まっていた。その中から、十数名が選出され、早瀬美玖に近づける端役を与えられることになり、詩音と幸子も選ばれるが、撮影が開始するとNGが出て詩音と幸子は役から外される。

撮影の後で、詩音と幸子は監督から呼び出され、驚くべき話を持ちかけられる。


ご購読はこちらから:AmazonのKULの期限(独占期間)の関係で楽天Koboの販売ページの購入ボタンは6月6日までは「予約受付中」と表示され、無料試読版のリンクは6月6日以降に有効になります。

  

桜沢ゆうの作品については拡大試読版(全体の30%~50%が収載されています)を楽天「前編・無料」及びAmazon「前編、0円~99円」で順次公開しますのでご利用ください。

 

カテゴリー: リアル系TS小説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



プロフィール
Contact Form
お問い合わせはこちらから
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  にほんブログ村 小説ブログへ  人気日記BLOG  

本ウェブサイトはMixHostのサーバーに引っ越してSSL化を完了し、保護された https:// サイトになりました。詳細はこちらをご覧ください。