性転のへきれき「他人の空似」が3位にランキング Amazon Kindleボーイズラブノベルス

9月9日に出版した性転のへきれき新作「他人の空似」がAmazon Kindleのボーイズラブノベルスの販売ランキング(有料)で3位に入りました。8月25日出版の「絵画モデル」が1位をキープしていますので、1位と3位が性転のへきれきといううれしい状況です。読者の皆様に心から感謝いたします。

BLで1位と3位!

なぜこのように好調かと考えますと、Amazonが8月1日から日本でも開始したKindle Unlimitedのせいなのです。月額980円の会費を払うと、Kindle Unlimitedと表記された電子書籍を無料で読めるというシステムです。お陰で性転のへきれきの電子書籍の販売数は激減しましたが、読者数が激増するという皮肉な(でも嬉しい)結果となってしまいました。Kindle Unlimitedの会員によるダウンロードは有料販売としてカウントされますので、ものすごい冊数が販売されたかのような見かけになります。

9月12日には「絵画モデル」がAmazonの紙の本を含む有料販売ランキングの「文学・評論」のカテゴリーで9位という驚異的な状況になりました。(参考:日本独立作家同盟のフォーラムでの記事。)「火花」は勿論、天上の飲み物(三浦しおん)、陸王(池井戸潤)、後妻業(新潮文庫、黒川博之)、ハリーポッターなどよりも上位でしたが、さすがに君の名は(角川文庫)やコンビニ人間(村田沙耶香)には敵いませんでした!

Kindle Unlimitedで無料ダウンロードされた場合、作者に恩恵が無いのかというとそうではなく、Amazonから作者に対して、読まれたページ数に応じてロイヤルティーが支払われます。一冊当たりに換算すると通常に有料で買っていただいた場合と比較して一桁低い金額ですが、従来より一桁多い冊数を読んでいただける状況になったので、作者としては何となくうれしいという気持ちです。

勿論、従来通り長編980円、中編590円で買っていただくのが作者としては一番助かるのですが、これも世の中の流れですので、Kindle Unlimitedに未加入の方はご検討になるのがお得かと存じます。

 

★ 未発表作品に関する情報はTwitterで発信します! ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です